熊本市子供の医療費負担。

現在、熊本市の子供の医療費助成は、

医科(入院・通院):0~2歳無料。

医科(入院・通院):3歳~小3(1医療機関ごとに月額500円自己負担)

歯科(入院・通院):0~4歳無料。

歯科(入院・通院):5歳~小3(1医療機関ごとに月額500円自己負担)

となっています。

これを小学6年まで拡大した場合、

500円の自己負担ありだと、3億1千8百76万2千円。

自己負担なしだと、6億2百56万6千円。

市の負担になります。

これをさらに、中学3年まで拡大すると、

500円の負担あり、6億7百95万3千円。

負担なしだと、9億4千6百27万1千円。

の負担になります。

丁度、中学3年まで無料化をすると、桜町再開発で計画されている市のMICE施設の指定管理費(年間約5億円見込み)大規模修理費の1年分(毎年3億3千万見込み。25年ごとに83億円を均等割り)を合わせた金額と同じぐらいの費用負担になりますので、

MICE施設と両方やると毎年約20億円の新たな固定の支出が現在より増えることになります。

よって、何か事業を止めるか、縮小するといった選択になります。

 

 


熊本市子供の医療費負担。” への1件のコメント

  1. こんばんは!
    私達が欲しい情報は、夢物語ではなく現実の数字です。
    市民の血税を無駄に使って欲しくはありません

    大規模MICEでなく、NICEな熊本市に向かって欲しいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>