くまモン テディベアになる。

くまモン TEDDY BEAR KUMAMON

くまのぬいぐるみと言ったらテディベア。 その代名詞であるシュタイフ社(ドイツ)よりテディベアくまモンが発売される事になりました。

元々、熊本を世界の人に知ってもらうのはどうすればよいか。くまモンがテディベアになったら面白いなと思ったのが切っ掛けで、調べてみたら、あのウォルトディズニーが最初にミッキーマウスを作るとき、ドイツのギンゲンへ行きシュタイフ社へ製作を頼んだ事を知りました

シュタイフジャパンへ交渉に行ったところ、作るかどうか権限はドイツですと言われ、ならばと単身初ドイツへ。

エコノミー症候群で、初日死ぬか との思いを経験しながらも、シュタイフ社との会談は和やかに話が出来ました。 実際、現実になってみると反響の大きさにやっぱり驚いてしまいます。(さすがはくまモン) 。

これまで、ディズニーのキャラクターとか国のマスコット等メジャーなキャラととコラボしてきたシュタイフ社。 そのシュタイフ社が作ったと言うだけで歴史に残ります。

ちなみに「テディベアとは手・足・首が動くくまのぬいぐるみを意味します。」

今回、首が動くところでくまモン(本物?)との違いはありますが、シュタイフファンの方も、手にとってさすがはシュタイフと唸った納得の出来映えです。 個人的には、熊本の海外へのアピールに良いのではと思っています。今後、森高千里さんの歌にあるように「日本のために~くまモンモン♪」と活躍してくれるよう期待しています。

また、くまもとサプライズを狙って、関係者以外に今まで内緒にしていた事ごめんなさい。 目的は熊本を知っていただくためなので、県外や国外の方にも、「テディベアくまモン」手に入れるチャンスを平等にしたかったのです。

公式には日本限定となっていますが、ドイツ本社がうちでも扱いたいとの事で、ドイツ本社でも世界の方へ販売されるようです。

最後になりますが、これまでアドバイスを受けた方々皆様へ、改めて感謝申し上げます。

田尻 善裕

田尻善裕(左) テディベアくまモン(中) 蒲島郁夫熊本県知事(右)

 

発売は、5月12日0時より、http://www.weddingitem.net/htm/kumamon.htm またはhttp://www.steiff.co.jp/shop/index.html にて。


くまモン テディベアになる。” への3件のコメント

  1. 素晴らしい発想と行動力!
    今後のご活躍益々期待しております。

    (以前「路面電車の延伸とハイヴリッドエンジン化についてお電話した者です。その節は、アポもなく突然のお電話にも関わらずご丁寧な対応誠にありがとうございました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>