事業者の皆様、休業補償の拡充

4月25日雇用調整助成金が拡充されました。
中小企業が解雇等を行わずに雇用を維持し、賃金の60%を超えて休業補償を支給する場合に60%を超える部分の助成率が100%になります。

熊本県休業要請の対象業種

*雇用調整助成金更なる拡充4.25(クリックして下さい。pdfが開きます。)

 

厚生労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11041.html


事業者の皆様、休業補償の拡充」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。昨年、議員インターンシップでお世話になりました。熊本県立大学の佐藤みのりです。この度、コロナウイルスの自民党政権の対応に思うことがあり、コメントを残させていただきます。失礼ながら、私は自民党政権がコロナウイルス対策としてなにがしたいのかが全く分かりません。PCR検査を増やす訳でもなく、現金給付も最初は全く予定になくて、お肉券を配るかもしれないとなったときは絶句しました。コロナによって経済が大変なことになっていて、たくさんのお店が潰れかけている中、なぜ補償をするから自粛してくださいと言えないのでしょうか。国民同士が監視し合い、あの店は営業していると嫌がらせをするという状況がとても辛いです。福岡市が率先して補償の取り組みを行ったり、熊本県や熊本市で補償の取り組みがされていますが、もっと率先して国がやるべきだと思います。また、こんな状況の中、検察庁法改正案という内閣が検事長を決めるという法案も提出されたと聞いて驚きました。三権分立をずっと小学生の頃から自分なりに学んできたつもりなので、この法案は絶対に通してはいけないと思います、私は正直に言いまして、今の政権には絶望しかありません。自分達が選挙に行って選んだとはいえ、ここまで非常時にひどい対応しかできない政権だとは思ってもみませんでした。コロナを抑える取り組みとともに、医療関係の方への補償、それ以外でもコロナによって困っている人の補償をきちんとした形で国にやっていただきたいのです。首相官邸のホームページにも意見を出しましたが、読んでもらえるか不安なので、自民党会派の市議会議員である田尻議員にこのようなコメントを残しています。まずは、熊本市でコロナの対応をしてもらい、国の政治にたいしても、おかしなことは田尻議員の方から意見していただきたいです。たくさんのご無礼をお許しください。お忙しい中、失礼いたしました。

    • 返事が遅くなりすみません、FBがメインになってしまってます。
      佐藤さんの言いたいことは良く理解できます。

      コロナ対応については誰もがすっきりする対応は無いのだろうと思っています。
      自己防衛が基本だと改めて感じています。
      韓国の方法が感染を抑えることが出来ない事を考える事がヒントを与えてくれるのではないでしょうか。
      誰にとってもコロナ感染拡大は利益になりません。
      直接かかわる方々は真剣に取り組んでいると思っています。

      また政治の在り方ですが、国政は国民が注目している中で議論されますから、国民を信じることが大事だと思います。

      取り留めの無い返事になりましたが、意見有難う。自分の頭で考えることが一番大事です。
      そのためには幅広い見識が必要なのは言うまでもありません。
      私も未だに知らないことも多く、日々学びの最中です。

      では、先ず自分が感染しない事、人に感染させない事を肝に銘じ行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です