飴玉議会と言われた市議会について

平成30年9月議会閉会日の9月28日の事でした。
予算・条例等を最終的に採決する最終日、請願について付託された議会運営委員会の委員長に対し、緒方議員より質問がされておりました。

緒方議員より、

何分議論しましたか?

どんな内容でしたか?

等、3回ほど同じ質問がされている時、議場より「何か咥えているぞ」と声があり視線が緒方議員の口元に集まりました。

この辺りはテレビでも放映されてますのが割愛しますが、

議長より緒方議員へ、何か食え敢えていますか?と質問があり、 緒方議員が議長を振り返りながら「はい、飴をなめてます。 数日前より….」と言い訳(説明?)を発言されました。議長よりその行為を注意をされました。

何故なら、そうであれば最初に一言理由を述べて議長に許可を貰うべき案件だったとは思います。

しかし緒方議員は結局一言も謝罪の言葉がありませんでした。

正式な議会の最中、壇上で発言するときに飴を舐めながらというのは議員とは関係なしに世界中いったい誰がそんな行儀の悪いことをするでしょうか。

議場は委員会と違って一切飲食物の持ち込みは禁止されています。

委員会ではお茶が議員や執行部には出ますが、議場は禁止され、唯一例外が発言者だけには水が用意されています。

その様な中、緒方議員は普通の声で咳一つせずに質問をしておりましたので、飴を舐めていると発言した際にも、議場ではこんなんで時間取るなよと声も出ておりました。 一言「すみません」と過ちを認めればそのまま質問は続行されたでしょう。

然し乍ら一切議会への謝罪の言葉は有りませんでした。

議長が議会中に注意をして、それをスルーされ、それを許すならば、私はそれは議会崩壊に繋がると思います。

よって懲罰委員会が開かれることになりました。懲罰と言葉は強いですが、その委員会しか審議できないのです。 懲罰委員会が開かれることが決まると、委員を決めなければなりません。

委員が集まれば、会議をするにあたって委員長と副委員長を選挙しなければなりませんし、議会事務局はその準備をしなければなりません。

懲罰を受けた議員は、議会規則(全国一緒)で懲罰委員会が作成した文章を読み上げることが懲罰を受けた議員には求められます。(決まり事です。)

その委員会が作成した文章を読み上げることを緒方議員は拒否しました。

想定外です。

また懲罰委員会が開催されることになりました。 今度は謝罪文よりも一段階上がって出席停止になりました。 その陰には事務局が準備に追われた事を想像してください。

私にもテレビから電話で取材に応えてくれと依頼がありました。その時に、あなたの番組で司会が飴咥えながらしゃべりますか?と言ったときに電話口で大いに納得されていました。 結局他の議員が応えたのですが、いいように編集されていました。

国会や会社の会議・国連で壇上で発言する人が何も言わずに飴を咥えながら発言していたら、相手は何と思うでしょうか。

日本のマスコミは、そんなことも指摘出来なくなっています。

日本の危機を感じます。

これこそ生産性が無いという事です。 まったく無意味な時間を取らされることになった私は、虚脱感に覆われました。

マスコミでは緒方議員が以前、子供を連れて議場へ入ったからとか、このこと以前に何かあったのではと勝手な想像が発言されていましたが、そんなものは一切ありません。

飴を舐めながら議場での発言に対する処分です。

報道では、飲食については規則に書いてないと太字で報道していたマスコミもありました。

では、具体的に書けというのでしょうか??

議会中は歩き回ってはいけない。議会中は歌を歌ってはいけない。 議会中はお弁当を持ち込んではいけない。等々、如何にマスコミがくだらないことを言っているかお分かりだと思います。

市民に対し、規制を決めたりする議会は、運営に当たっては規則があります。それを議員自身が守らないで市民に規則を守れと言えるでしょうか。

飴玉ぐらいで8時間も議会紛糾と報道する一方的な報道の裏にはこのような作業があり、一番時間を取られて呆れているのが、他の議員だとお伝えさせていただきます。

(文責 田尻善裕)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です