熊本市役所建替問題。

地震後、市議会で当時議論した熊日記事が出て来た。

今になってこの様な市役所という大きな問題が出て来た事に市民から疑問が大変多いし、皆んな違和感を感じている。

その意見は大体こうだ。まず、地震後、市の施設の耐震診断をして改修したのでは無いのか?

タイミングが熊本城ホールの借金約300億円を議会が決めた後に出て来た。借金返済はこれからだ。

順番が逆なのではないか?

私も同意見だ。

何故なら、「耐震結果」が出る数カ月前から市役所の建替に関してちらちらと話が聞こえて来ていたからだ。

その時は、耐震結果が出る前に、何故建替えの話がと違和感を感じた。

改修費がこんなに掛かるから建替した方が安いと世論誘導になるとの話も今となってはその通りになっている。

明らかに違和感を感じる。

現在、市役所建替の為の国の補助金制度は無い。

つまり、市民が借金するしかない。

関係業界との話も聞こえて来ているし、情報を一つ一つ真摯に吟味しなければならない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です