お知らせ

現在開会中の熊本市議会、予算決算委員会の総括質疑に立つことになりました。

日時は9月24日(火曜日)

午前10時~自民党の次、くまもと未来の順番です。

内容は、

1.奨学金制度について(給付型制度の提案)

2.コンベンション誘致計画と花畑・桜町地区計画等について

です。

市議会ホームページでインターネット中継もあります。

 

田尻善裕

9月議会開会します。

本日より熊本市議会が開会されます。

今朝の地元紙にも記事が出ていましたが、花畑・桜町の再開発問題。

10日にあった市議会会派「くまもと未来」10名の会議でも、大いに議論がヒートアップしました。

まず、議会が桜町にコンベンションホール建設に対し、一切何も認可していないのに、建設ありきで市の計画が進んでいる。

何のために、何をするため、何故桜町再開発なのか、そもそも論が抜けたままに検討委員会の設置などおかしい。

先日設置された市長諮問んの「桜町再開発事業における新たな集客施設整備検討委員会」に議員がメンバーに入っていること自体がおかしい。

どんなプロセスで決まったのか不透明だ。

議員が入っていると、何か承認された場合、議会も承認したと誤解されてしまう。

私達の会派からも1人入っているが、辞任すべきではないか等々。

この市の拙速な進め方で、市民の約300億になろうかという税金を使うことは会派の誰もが疑問を投げました。

現在の熊本市がこれまで行った再開発。 熊本駅前東A地区・駅西口と成功したとは言えません。

計画を走りながら作る市のやり方に待ったをかけないと、箱物つくって魂入れず、取り返しが付かない事になります。

市は、税金だという事を認識しているのだろうか。政令市で職員不祥事が最多の熊本市。

今のやり方は、そんな事さえ思ってしまいます。

この議会で、何とかしないと。  会派の会議では一致しました。