熊本市、新たな土地購入検討。

桜町・花畑再開発をかかえる熊本市では、今後、熊本城域にある3カ所の土地の購入が議題になるでしょう。

一つは、花畑地区へ移転が決まったNHK跡地
次に、熊本駅前に移転する国の合同庁舎跡地。城彩苑横の土地です。
三つ目は、JTの土地です。

いずれも熊本市にとっては、お城の城域にあり、熊本のまちづくりにとって最重要拠点となる問題です。

購入を決める場合、何に使うのか将来を見据えた計画無しに決めてはならないと私は思います。

決して熊本市だけで決めて良いことでもないでしょう。

只、熊本市は花畑・桜町再開発に数百億をつぎ込もうと動きだしており(私は今の計画を納得していません。)さらに土地を購入するとなったら簡単な話ではありません。

それでも購入せざるおえない場合、

私はこの地域に、熊本の強みである、加藤・細川時代の歴史や文化を体感できる場所を考えます。    従来のように、箱物作っただけでは駄目でしょう。見せ方にしても新しい発想で、世界の方が再び熊本に来たくなるような工夫が必要です。 そんな考えが必要でしょう。