今度の選挙について

この3年間を振り返り、熊本出身の国会議員に「松野頼久」さんが居なかったらどうなっていただろうかと、思ったときがあります。

民主党が凍結した熊本城 城彩苑横にある国の出先機関、合同庁舎の移転問題をひっくり返して移転決定してくれた。

これが出来なかったら熊本市の将来にどれだけ暗雲が立ち込めただろうか

また、外国人参政権について、私は絶対反対の立場でしたので民主党が政策決定しようモンなら打倒で動く気持ちを持って訴えに言った時、松野氏から、「私が一生懸命抑えています。」と言われ、では頼みますよといったやり取りもあった。 実際、阻止されています。

他には、北熊本スマートチェンジの実現。 熊本港への予算確保、競輪日本選手権熊本開催、荒瀬ダム撤去の予算不足の財政支援。JA熊本市北部選果場設備費予算確保。
米の輸出に必要な熊本港くん蒸施設の選定。 水俣病解決へ向けた実績。熊本大学への開発予算確保。57号線の4車線化予算などなど

政令指定都市決定を支援してくれたのも松野さんだ。

私は、一地方で活動している議員として、熊本県内の国会議員の中でダントツで県や市がお世話になったのが松野さんだと言えます。

そんな松野氏が、政治を変えようと全てを捨てて飛び込み、創ったのが日本維新の会。

私は正直言って全ての政党というものには距離を置いていますが、こんな人を落選させたら熊本は恥だと思い、応援します。

未だ決めていない方があれば、一緒に支援できることを期待いたします。

時間

最近、祖父の形見の時計を、また身に着けています。

私が受け継いでから30年以上、一緒に時を刻んできました。

毎日ゼンマイを巻くのが面倒で、自動の物を手に入れてからケースにしまっていました。

その時計をオーバーホールに出したのを機に再び。

今日は11月22日。 いい夫婦の日。

世の中が選挙モードで何かしら忙しい日々。

このブログを呼んでくださっている方が今日一日、一緒に時を刻んで生きているご夫婦のお互いを思いやって、良い一日を過ごしていただきたいなと思うのであります。