TGCの負担。

東京ガールズコレクションが熊本地震への復興支援と銘打って今年開催されます。

その負担金を熊本市は昨日始まった議会に、3260万円要求しています。

復興支援とは具体的に何があるのでしょう。

税金を投入してイベントを開催する以上、市民に納得出来る説明を委員会で聞きたいと思います。

マラソンをインバウンドに繋げる。

今月、熊本に中国の大企業社長達がマラソンに参加する為にやってきます。

現在、中国ではマラソンブームが起こっています。その中で中国の国家的スポーツ団体のマラソンコーチの方が、以前ニコニコ堂陸上部に研修を受けた事があり、熊本はマラソン環境が良い!と話題になり、私に中国から熊本で走りたいと相談があり今回の流れとなりました。

メンバーを見ると北京上海の大企業社長達。

本当にこの人達が走るのかなと思ってたら、後日過去のタイムが送って来ました。

忘れてました! 中国は大企業の社長達は若いんでした!

今回は天草マラソンに参加して頂きますが、熊本には阿蘇も有れば金栗四三の故郷も有ります。

熊本ファンになって頂き、会社の社員旅行に熊本を選んでくれた良いななんて、欲張りでしょうか。

私も春の大イベントの準備の前ですが、熊本の為に出来る様、歓迎会実行委員長として明日から走ります!

嘉納治五郎の功績。

NHKドラマ「いだてん」で役所広司が演じる嘉納治五郎。

その名が中国関係を調べていたら出てきました。

中国の辛亥革命を孫文と共に成し遂げた黄興が28歳の時、清政府が始めた湖南省第一回官費留日学生に選ばれ、嘉納治五郎が清国留学生の為に設立した東京の宏文学院速成師範科に入学していたのです。

この学生派遣は、中国民間人の日本留学ブームのきっかけとなりました。

私も小さい頃より祖父から嘉納治五郎先生の話を聞いていたのですが、何とも興味深い方です。